本文へスキップ

みなさまの健康をサポートします 公益社団法人大阪府鍼灸マッサージ師会

電話でのお問い合わせはTEL.06-6624-3331

〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町2-10-5

  鍼灸・あん摩マッサージ指圧について知る

 あん摩マッサージ指圧とは? あん摩マッサージ指圧の基礎知識


あん摩・マッサージ・指圧は、生体に対して手や指等による機械的刺激(おす、もむ、さする、たたく、震わす、引っぱるなど)を与え、それによる生体反応からの治療効果を期待し、健康を増進させる手技療法です。

効果的な症状や疾患として、肩こり、だるさ、頭痛、頭重、めまい、耳鳴り、疲労、腰痛、便秘、不眠、食欲不振、冷えなど、いわゆる不定愁訴症候群や、内因性の疾患(神経痛、麻痺、脳卒中後遺症、リウマチ、本態性高血圧など)や、外因性の疾患(関節の変形、骨折、脱臼、捻挫の後遺症など)が挙げられます。
これらの症状や疾患は、血流の低下が原因で起こることが多く、あん摩マッサージ指圧はこの循環を改善し新陳代謝を促進させることができます。
ストレスを解消するリラクゼーション効果もあります。


 あん摩とマッサージと指圧の違い


あん摩



あん摩(按摩)の按は「おさえる」、摩は「なでる」を意味しています。古代中国で生まれ、奈良時代に日本へ伝わったとされています。東洋医学の考え方における気血や経絡の変調を調整する手技療法で、衣服の上から遠心性(体の中心から手足に向かって)に施術するのが特徴です。

効 果
主として筋肉のコリコリを取り除き、筋肉内組織の血液循環を良くし、新陳代謝を盛んにします。また刺激を与えて生体の機能調節を図ります。特にお腹に行うことで消化吸収を促進して元気に生活を送ることができます。


マッサージ





マッサージ(Massage)という言葉のもとはフランス語ですが、その語源はアラビア語の「おす(Mass)」とギリシャ語の「こねる(Sso)」という意味です。ヨーロッパで発祥し、明治時代に日本へ輸入されました。オイルやパウダーを用いて、求心性(手足から体の中心に向かって)に皮膚を直接刺激していくのが特徴です。主に血液やリンパ液の流れをよくします。

効 果
主に循環系を対象に血液、リンパの還流を促し、筋肉や関節などにも多種多様の効果があります。近頃は浮腫(むくみ)に対して効果のある医療的なリンパドレナージなどがあります。


指 圧





指圧は、日本で明治時代末から大正時代にかけ成立しました。衣服の上から、指や手掌(手のひら)等を用い、体表の一定部位を押します。生体の変調を矯正し健康の維持増進を図ったり、特定の疾病治療に寄与する施術です。

効 果
主として皮膚の働きを活性化し、筋肉を和らげ、血液リンパの循環を促します。
また、骨格を矯正し、神経や内分泌の働きを調整し、同時に内臓の働きを活発にします。



 

information

公益社団法人
大阪府鍼灸マッサージ師会

〒545-0011
大阪市阿倍野区昭和町2-10-5
TEL.06-6624-3331
FAX.06-6624-5141